新村歯科医院

 お電話でのお問い合わせはこちら 

main_title
main_image
小児歯科
虫歯治療
歯を強くするフッ素塗布
1歳のお誕生日を迎えたらフッ素塗布
小児歯科
こんな時は小児歯科でご相談ください


子供を虫歯にさせたくない
正しい歯磨きの仕方を身に付けさせたい
乳歯がグラグラしている
よその子より歯の生え変わりが遅い
歯並び・噛み合わせが気になる
虫歯ができた、歯が痛い
定期健診を受けさせたい

歯が生え、乳歯から永久歯へと生え変わる子どもの頃は大人になってからの健康にも影響を与える大切な時期です。
新村歯科医院ではお子様が歯医者さんは怖い、歯医者には行きたくないと思わない治療を行うように心がけています。
上へ
虫歯治療
乳歯はとてもむし歯になりやすいので、日頃からお口の中のケアや歯磨きをしていてもむし歯になってしまうことがあります。
そのため、日ごろからお子さんの歯の観察をしてあげてください。また、定期的に健診を受けさせてあげて予防と早期発見・早期治療を行いましょう。

虫歯の兆候
歯の表面が白っぽくなっている
黒くしみのようになっている
歯の溝が黄色っぽくなっている
などいつもと違うところがあれば、早めに受診してください。

歯磨き指導
むし歯などにならないようにするためには、正しい歯磨き方法で丁寧にブラッシングする習慣をつけることが大切です。
当医院では歯科衛生士がお子さまに楽しく分かりやすく歯磨きの仕方をお教えします。
上へ
歯を強くするフッ素塗布
赤ちゃんに歯が生えはじめるとご両親やご家族の方は、その成長をうれしく楽しみに思われると思います。
少しずついろんなことに興味を持ち始めるこの時期こそ大切なお子様が生涯健康でいられるかどうかが決まる大切な時期ともいえます。
乳歯が生え、離乳食を口にしはじめると食べ物にも興味を示すようになります、それと同時に虫歯のリスクも出てくるのがこの頃です。

子どもの虫歯はでき始めると進むのが大人以上に早いので、定期的に歯科検診を受けさせることが必要になってきます。また、それ以前に、むし歯ができにくい口内環境を作ってあげることも重要になってきます。
そこで子どもの歯をむし歯から守るには正しい磨き方でブラッシングを行うことが有効的です。これに加えて「フッ素」を使って、歯を強く健康にしてあげることも非常に効果があります。

フッ素塗布って何?
フッ素は歯に塗ることで虫歯菌の出す酸に負けにくい強い歯に変わっていきます。
虫歯は一般に治りにくいとされていますが、初期のむし歯の場合はカルシウムによってもとに戻ることがあります。
フッ素は虫歯で溶けてしまった歯の表面の再石灰化を促し、エナメル質が補修されやすくなります。
そのため、虫歯になりやすい乳幼児期の生えたての歯にフッ素塗布を行うことをおすすめします。

フッ素って安全?
フッ素を塗ると虫歯が出来にくいし、他のお子さんもやっているけど大切なわが子の健康には代えられないとためらっておられるお母さんもおられると思いますがご安心ください。
世界保健機構(WHO)や国際歯科連盟、日本歯科医師会などでも、むし歯予防にフッ素を使うことは推奨されています。
フッ素塗布は古くからおこなわれおり、きちんと歯科医院で歯科医師のもと適切に塗布すれば、極めて安全な治療法です。

また、フッ素塗布を何度かしないといけないことからも分かるように、フッ素は唾液のなかにあるカルシウムとくっついて無害なフッ化カルシウムに姿を変えます。
そのため、必要以上のフッ素は簡単には体に入り込めないようになっています。
上へ
1歳のお誕生日を迎えたらフッ素塗布
フッ素塗布の良さは分かったけれど、いつから何回くらい塗布すればいいのか分からないという質問をたくさんのお母さんから受けます。
フッ素を塗る時期は「歯が生えたらすぐに」が原則ですが、1歳のお誕生日や歯科検診の際に受けさせる方も多くいます。
ただし、フッ素は1度塗ったからむし歯ができないというわけではなく、日々の歯磨きやブラッシングの指導と合わせて半年に1回程度おこなうとより効果が期待できます。
当院ではお子様の歯科定期健診とあわせてフッ素の塗布をおすすめしています。
上へ

院内通信
院内通信

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 当院紹介・診療時間・アクセス
 審美歯科
 歯のホワイトニング
 歯周病・歯のクリーニング
 入れ歯
 3Mix 治療法
 口臭外来
 口唇ヘルペス・口内炎
 小児歯科・フッ素塗布
 二次う蝕(虫歯の再発)
 親知らず抜歯
 根管治療
 金属アレルギーの方への歯科治療
 治療費用

新村歯科医院
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。