新村歯科医院

 お電話でのお問い合わせはこちら 

main_title
main_image
このような人は根管治療が必要です
根管治療って何のことですか?
根管治療の流れ
このような人は根管治療が必要です
症状チェックリスト


何もしていないのに激しく痛むときがある
歯を噛み合わせたときに激しい痛みがある
冷たいものや温かいものを口に入れると激しい痛みがある
歯茎を押すと激しい痛みがある

上へ
根管治療って何のことですか?
根管治療はその名の通り「歯の根っこ」「歯の神経」の治療を行うことを言います。
具体的には虫歯によって汚染された根管の中を清掃し、消毒を行います。虫歯が進行して、歯髄まで達すると、歯髄は死んでしまいます。
この死んでしまった歯髄は取り除かなければいけませんが、歯髄を取り除いたからといって、その歯も一緒に抜かないといけないとは限りません。
症状によってはまだ、歯を抜かなくても大丈夫なこともあります。
その場合しっかりと根管治療を行うことで、歯を抜かずに残すことができるのです。

言い換えると、虫歯で神経を取らないといけなくなり、神経を取り除くと痛み自体は無くなりますが、ここでは虫歯が治ったということではありません。
神経を取った歯がそのまま使っていけるかどうかはその後の根管治療が肝心になってくるのです。
上へ
根管治療の流れ
1.カウンセリングと各種診査
ここではお客様の要望と、現状の口腔内の状況を正確に把握します。
2.歯髄の除去
虫歯になった歯の上部に穴をあけ、歯髄(歯の神経)や血管を取り除きます。
3.根管内の清浄
専用の器具で死んでしまった歯髄や汚染された部分をきれいに清掃、消毒をしていきます。
4.根管充填
きれいになった根管内に薬剤を詰めていきます。このとき隙間ができるとそこから細菌に感染する可能性があるため、隙間ができないように充填していきます。
5.被せ物の装着
歯の型を採って、土台を形成し、その上に被せ物を装着します。
6.メンテナンス
装着後に問題が無いかなど定期的にメンテナンスを行うことで長く健康な歯を持続することができます。
上へ

院内通信
院内通信

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 当院紹介・診療時間・アクセス
 審美歯科
 歯のホワイトニング
 歯周病・歯のクリーニング
 入れ歯
 3Mix 治療法
 口臭外来
 口唇ヘルペス・口内炎
 小児歯科・フッ素塗布
 二次う蝕(虫歯の再発)
 親知らず抜歯
 根管治療
 金属アレルギーの方への歯科治療
 治療費用

新村歯科医院
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。