新村歯科医院

 お電話でのお問い合わせはこちら 

main_title
main_image

二次う蝕
気づいていますか?その二次う蝕
〜二次う蝕チェックポイント〜
二次う蝕の原因
せっかくの治療を長持させ、二次う蝕を防ぐ治療方法とは?
二次う蝕
みなさんは、1度きちんと治療したのに、また同じところが虫歯になってしまったということはありませんか?このように1度、治療した歯が再度、虫歯になってしまうことを二次う蝕と言います。「きちんと虫歯を治療しても、なぜか繰り返し虫歯になってしまう」、「被せ物のまわりの変色が気になる」という方は二次 う蝕について正しく理解し、治療と予防に努める必要があります。
上へ
気づいていますか?その二次う蝕
1度治療したから大丈夫と思っていても、二次う蝕は症状が出にくく気づきにくいものです。特に、1度目の治療で神経を抜いている場合などは痛みを感じにくく、気づいたころにはかなり進んでいたということは少なくありません。1度治療した歯に下記のような状況がないか鏡の前で確認してみてください。もし、下記のような状態を見つけたら早めに受診してください。

上へ
〜二次う蝕チェックポイント〜
下記で思い当たる方は二次う蝕になっているかもしれません!


白い詰め物のまわりが黒くなってきたように感じる。
白い詰め物がはずれたりカタカタしている。
奥歯に詰めている詰め物が舌に触れることがある。
歯間をつま楊枝でつつくと突き刺さり、痛みを感じる。
かぶせた歯の隙間に、食べ物が詰まりやすくなてきた
かぶせものをした歯の境目が黒くなってきた

上へ
二次う蝕の原因
二次う蝕の最も大きな原因は被せ物や詰め物と歯の間にあるほんの少しの隙間から細菌が入り込んでいくことにあります。またかぶせものや詰め物は、どうしても本来の天然の歯と比べて汚れがつきやすく磨き残しができやすいのも原因の1つです。
歯と詰め物や被せ物の境目には異なる物質が接触していますが、これらは材質の違いで温度変化や強さなどが違うので、口の中で隙間ができやすくなります。このため、詰め物や被せ物を入れる際に境界部分に大きな隙間があると細菌が侵入しやすくなり、歯の内部に虫歯を作りやすくなります。
上へ
せっかくの治療を長持させ、二次う蝕を防ぐ治療方法とは?
せっかく治療をしたら、もう二度と同じ歯の治療をしなくていいように長持させたいですよね。
二次う蝕を防ぐには、日々の丁寧な歯磨きと隙間のない詰め物や被せ物にすることが重要です。
通常、保険適用でおこなう詰め物や被せ物も、患者様の歯の状態にあわせて治療を行ないますが、完全にフィットするわけではなく、食事などを通して日々の生活のなかで少しずつ隙間ができてしまいます。そこで、こうした二次う蝕を予防する詰め物や被せ物を作るには、保険外診療となりますが、歯の境目をきれいな直線にし、変形が少ない素材を使用して歯型を作って、正確な詰め物を作成することが必要となります。
上へ

院内通信
院内通信

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 当院紹介・診療時間・アクセス
 審美歯科
 歯のホワイトニング
 歯周病・歯のクリーニング
 入れ歯
 3Mix 治療法
 口臭外来
 口唇ヘルペス・口内炎
 小児歯科・フッ素塗布
 二次う蝕(虫歯の再発)
 親知らず抜歯
 根管治療
 金属アレルギーの方への歯科治療
 治療費用

新村歯科医院
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。